トップページ > 玉ねぎを食べ過ぎると?

玉ねぎを食べ過ぎると?

玉ねぎは基本的に副作用のあるような野菜ではありません。
ですから玉ねぎを食べ過ぎることで健康を害する心配はありません。

ただ玉ねぎに限らず、どんな食べ物でも偏食は体を壊す元になります。
ですから玉ねぎだけを食べ続けるのは止めておきましょう。

また玉ねぎの薬効成分を享受するには生のまま食べると良いといいますが、生玉ねぎを食べることで胸焼けを起こしてしまう人がいるようです。
これは玉ねぎに含まれる硫化アリルやアリシンが消化酵素の分泌を過剰にして胸焼けを起こしてしまうようです。

生玉ねぎが食べられないという人はこれらの成分が体質的に合わないのかもしれません。
玉ねぎに熱を加えると辛味が消え、甘味が出てくるのは硫化アリルなどの硫化化合物が熱に弱いからなのです。

ですから生玉ねぎを食べて胸焼けがするという人は加熱調理した方が良いかもしれません。
加熱調理することで硫化アリルなどの辛味成分がメルカプタンという成分に変性するので食べやすくなります。

それから玉ねぎを食べ過ぎた場合のリスクをもう一つ、それは体臭がきつくなるという点です。
特に生で玉ねぎを食べる場合は食べ過ぎに注意した方が良いかもしれません。

玉ねぎはにんにくと同じユリ科の植物であり、臭いの原因は硫化アリルとされています。
硫化アリルは酸化すると強烈な臭いを発するので、食べ過ぎには注意しましょう。

さて生玉ねぎには血液サラサラ効果がありますが、臭いや胸焼けといった副作用があるのも困ったものです。
そこで生玉ねぎの栄養成分を摂取し、かつ臭いや胸焼けを防げないものでしょうか。

それには玉ねぎ茶や玉ねぎサプリメントを活用するという方法があります。
これらは玉ねぎを皮ごと使用しているものであれば効果も期待できますし、何より気になる副作用が無いのも嬉しい点です。

玉ねぎサプリメント