トップページ > 玉ねぎを栽培するのは難しい?

玉ねぎを栽培するのは難しい?

玉ねぎを栽培したことがあるという人は分かるかもしれませんが、玉ねぎを育てるのはそれ程難しくはありません。
今ではホームセンターなどで苗も売っていますし、ご自宅で玉ねぎを育てることは可能です。

種から育てる人もいますが、最初は苗から育てた方が失敗が少ないです。
玉ねぎは枯れることも少ないですし、収穫時期を多少間違えても問題ありません。

基本的に玉ねぎを収穫するのは春頃になります。
ですから苗を植え付けするのは前年の10月から11月頃が目安となります。

植え付けの時期が多少ずれても問題ありませんが、植え付けが遅れればその分収穫も遅れるため、収穫が梅雨の時期になってしまうこともあるでしょう。
玉ねぎを育てる場合、まずは土づくりが必要になります。

とはいっても、ホームセンターなどで専用の土や肥料も売っていますから、それを活用しても良いでしょう。
基礎知識として、玉ねぎを育てる土は酸性ではなく、アルカリ性です。

酸性の土に植え付けをすると、苗が枯れてしまうこともあるので注意しましょう。
また、玉ねぎが大きく立派に育つにはカルシウムがたくさん必要です。

ですから、肥料として土の上から石灰などを巻いてあげると良いでしょう。
石灰を巻いたら畑を耕し、畝立てをします。

本格的に栽培される方は穴のあいたビニール(穴あきマルチ)を土の上からかぶせたりしますが、そこまでしなくても玉ねぎはしっかり育ちます。
余裕が出てきたら穴あきマルチをしてみると良いでしょう。

ホームセンターに行くと玉ねぎ用の穴あきマルチが置いてあることもあります。
苗は10センチから15センチ間隔で植えていきますが、穴あきマルチを使うと、穴の空いた箇所に苗を植えていくだけので、間隔を測る必要がなく楽です。

苗の植え付けが終わったら、土が乾燥しないように水やりを行い、春の収穫を待ちます。
玉ねぎの栽培は意外と簡単なので、家庭菜園を始めてみたいという方ややっているという方、是非お試しください。

玉ねぎサプリメント