トップページ > 玉ねぎで喉の痛みが消える?

玉ねぎで喉の痛みが消える?

空気が乾燥してきたり、風邪の引き始めに喉が痛み出すことがありますね。
喉の痛みは辛いですし、風邪が悪化して熱が出ない内になんとかしたいものです。

喉の痛みを消すにはのど飴を舐めたり、イソジンでうがいしたり、マスクをして寝る、加湿器を付けるなど色々な対処法があると思います。
しかし昔から行われている民間療法で、玉ねぎを使って喉の痛みを消すという方法があるのをご存じですか。

玉ねぎはもちろん食べても良いですが、玉ねぎをわざわざ食べなくても、スライスして枕元に置いておくだけでも効果があります。
スライスが面倒という人は半分に切っておいておくだけでも良いのですが、その場合は断面が下に向かないように注意してください。

要するに玉ねぎを切って置いておくと空気に触れて、硫化アリルが気化します。
硫化アリルは鼻や喉の粘膜を殺菌したり炎症を鎮めるので、喉の痛みが和らぐというわけです。

やってみれば分かると思いますが、意外なほど咳がぴたっと止まるのに驚くはずです。
実は玉ねぎマスクなんてものも最近は登場しているようですが、玉ねぎの匂いには精神を安定させ、安眠を促す効果もあるので、ぐっすり眠れば風邪も良くなるはずです。

ただ寝室が玉ねぎ臭くなってしまうのは考えものですが、匂いが付くのが嫌なら玉ねぎを食べればよいという話です。
喉が痛いなあと思ったら、是非玉ねぎを活用してみてください。

玉ねぎサプリメント

関連記事