トップページ > 玉ねぎ嫌いでも美味しく食べる方法

玉ねぎ嫌いでも美味しく食べる方法

個人的に玉ねぎは生で食べても、加熱して食べても好きなのです。
しかし中には玉ねぎが嫌いという人もいるでしょう。

玉ねぎの健康効果を享受できないのは非常に勿体ないので、玉ねぎを美味しく食べる方法をご紹介したいと思います。
玉ねぎを嫌う人の多くは加熱すると食べられるが、生だと辛味があったり、ツンと鼻にくる匂い、食感が苦手なようです。

ですから生の玉ねぎが食べられないのであれば、しっかり炒めて食べれば辛味やツンとくる匂いもなくなります。
また食感も柔らかくなりますし、玉ねぎをしっかり炒めることで、甘味やコク、旨みも出てきますから、生の状態に比べると味は大分変わります。

もちろん炒めるだけではなく、煮込んだり、揚げても良いと思います。
あるいは水にさらすことで辛味を取るという方法もあります。

しかし玉ねぎを水にさらしすぎると、確かに辛味は無くなりますが、同時に硫化アリルという成分が水に流れ出てしまうため、あまりお勧めできません。
水にさらす場合はせいぜい2,3分程度にしておきましょう。

また玉ねぎの食感が苦手という人は、みじん切りにするなど、小さく刻むと良いのですが、その際、繊維を断ち切るように刻むと、辛味もなくなります。
食感も柔らかくなるのでお試しください。

逆に玉ねぎを繊維に沿って切断してしまうと、辛味が増すようですから気を付けてください。
玉ねぎはカレーやシチュー、スープにも入っていますが、しっかり煮込むことで玉ねぎも食べやすくなりますから、玉ねぎ嫌いの人は何も生で食べる必要は無いのです。

玉ねぎサプリメント

関連記事