トップページ > 玉ねぎが血糖値を下げる

玉ねぎが血糖値を下げる

血糖値が高いと良くないということは何となく知っていると思いますが、血糖値が高いとどんな支障があるのでしょうか。
血糖値とは血液中の糖濃度のことをいい、血糖値が高いとはこの糖濃度が高いことを意味します。

通常食事をすると血糖値が上がりますが、これは食べ物にブドウ糖などの糖質が含まれているからで、しばらくすると血糖値は正常な値に戻ります。
普通血糖値は一定ではなく1日の生活の中で上下するものです。

しかし食事をしてしばらく経っても血糖値が下がらないことがあります。
血糖値を下げるのはインスリンの働きによるものですが、このインスリンの働きが弱っていると、血液中にいつまでも糖質が残ることになります。

この状態が続くと糖尿病になってしまうわけですが、糖尿病の恐ろしい点は白内障や腎臓病、心筋梗塞や神経障害などさまざまな合併症を併発することです。
さて血糖値が高いことのリスクはお分かりいただけたと思いますが、血糖値を下げるにはどうすれば良いのでしょうか。

いくつかの食べ物の中にはインスリンの働きを高めるものがありますが、中でも玉ねぎは血糖値降下作用がナンバー1とも言われています。
玉ねぎには低下したインスリンの働きを促進する効果があり、日本人に多い2型糖尿病には有効とされています。

インスリンの分泌量を増やすわけではないので、低血糖に陥る心配もありません。
一度糖尿病になると、完治できない病気とされますから、普段から玉ねぎを食して血糖値をコントロールし、糖尿病を予防する必要があります。

日本人の多くは血糖値に異常があるとされ、本人に自覚症状がないので、知らず知らずの内に糖尿病を発症してしまうかもしれません。
高血糖の方は喉が乾きやすかったり、疲れやすいという特徴があるようですから、心当たりのある方はすぐにでも検査をすると良いでしょう。
また定期的に血糖値を測定したり、健康診断を受診するようにしてください。

健康な内から玉ねぎを食べて、生活習慣病予防をしましょう。
玉ねぎの栄養を凝縮したサプリメントなら毎日続けやすいのでおすすめです。

玉ねぎサプリメント

関連記事