トップページ > 玉ねぎが不眠症に効く

玉ねぎが不眠症に効く

昨今は不眠症に悩む人が増えているようです。
不眠症の原因は精神的な要因であったり、身体的要因、生理的要因など色々あります。

この中でも不眠症が増えているのはストレス社会において受ける心理的要因ではないでしょうか。
不眠が続くと太りやすくなったり、うつになりやすかったり、集中力が無くなって社会生活にも影響が出てきます。

不眠症はこのように色々な障害を引き起こしますから、早期に解決したいものです。
さて身近にある食材で不眠に効く食べ物があるのをご存じでしょうか。

不眠に効く食べ物、それは玉ねぎなのです。
睡眠障害になったときは枕元に玉ねぎを置くと良い、というのは実は結構昔からある民間療法です。

方法としては薄くスライスした玉ねぎを枕元に置いておくだけです。
枕元にスライスした玉ねぎを置いておくことで、独特な刺激臭が感じられるはずです。

この刺激臭が脳をリラックスさせ、快眠をもたらしてくれるらしいのです。
この刺激臭の元は玉ねぎに含まれる硫化アリルという成分ですが、硫化アリルは血行を促進したり、疲労を回復させるだけでなく、ストレスを緩和し、気持ちを落ち着かせてくれる作用があるようです。

また玉ねぎに含まれるグルコキニンという成分も高ぶった神経を鎮めてくれる作用があるようですね。
もちろん玉ねぎは枕元に置くだけでなく、実際に食しても安眠効果は享受出来ます。

ただ硫化アリルは熱に弱いので、出来れば生のまま玉ねぎを食したいものです。
生玉ねぎはサラダにして食べると食べやすくなりますが、玉ねぎをあまり長い時間水にさらすと薬効成分が溶け出してしまうので注意してください。

また生の玉ねぎが苦手という人はサプリメントを利用してみても良いでしょう。
サプリメントだと皮ごと加工してあるタイプは栄養素も豊富なのでおすすめです。

玉ねぎサプリメント

関連記事