トップページ玉ねぎの栄養成分 > 骨粗鬆症の予防に玉ねぎのケルセチン

骨粗鬆症の予防に玉ねぎのケルセチン

骨粗鬆症という病気を聞いたことがあるでしょうか。
簡単に言えば骨がスカスカになってもろくなってしまう病気です。

骨粗鬆症は年齢とともに発症する人が増え、特に女性に多い病気で、50代以上の女性の3人に1人が骨粗鬆症といわれているから驚きです。
骨粗鬆症になってしまうとちょっとしたことで骨が折れてしまったり、場合によってはそのまま寝たきりなんてことにもなりかねません。

特に女性の場合、閉経後に骨密度が低下する傾向にありますから、いち早く予防に取り組んだ方が良いでしょう。
年を取ると背骨が曲がって身長が小さくなるといいますが、これも椎体骨折といって、骨粗鬆症が原因で起こる骨折の一つなんだそうです。

では骨密度を減らさないためにはどうすれば良いか、それはカルシウムを摂ることです。
さらに言えばカルシウムは体内に吸収されにくいため、カルシウムの吸収を助ける栄養素も一緒に取ることが望ましいです。

また年を取ってからも適度な運動をすることで、骨に適度な負担をかけ、骨がもろくならないようにしましょう。
カルシウムを含む食べ物は乳製品やお魚、海藻類、そして緑黄色野菜です。

そしてカルシウムの吸収を助ける栄養素がビタミンDですが、ビタミンDを豊富に含むのがお魚やきのこ、卵類などです。
こう見るとお魚はカルシウムだけでなく、カルシウムの吸収を助けるビタミンDも豊富なので、骨粗鬆症予防には効果的な食べ物といえます。

現代の日本人は比較的バランスよく栄養素を摂取しています。
しかしそれでもカルシウムが不足している人は多いようですから、意識的にカルシウムを摂取するようにしましょう。

また最近の研究で、玉ねぎに含まれるケルセチンにも骨密度の減少を防ぎ、骨粗鬆症を予防する働きがあることが示唆されています。
つまりケルセチンは動脈硬化や高血圧の予防、花粉症やアトピーなどのアレルギー症状を改善するだけでなく、骨を丈夫にする働きも期待されています。

特に痩せている女性は加齢とともに骨密度が低下し、骨粗鬆症になるリスクが高いようです。
過度な食事制限やダイエット、偏食、喫煙、飲酒は骨粗鬆症のリスクを高めるので注意しましょう。

また日ごろ太陽の光を浴びていない人は、毎日数十分でも良いので日光浴すると良いでしょう。
太陽の光を浴びると体内でビタミンDが生成され、カルシウムを吸収しやすくなるからです。

さらにまだ中高年でない方は、若いうちに骨量を増やしておくことで、骨粗鬆症や骨折のリスクを減らすことができます。
骨密度はどうしても年齢とともに減少する傾向にありますから、若いうちに骨密度をできるだけ高めておく方が良いのです。

>>ケルセチン豊富な玉ねぎサプリメントはこちら


関連記事