トップページ玉ねぎの栄養成分 > 加齢臭を予防する玉ねぎの力

加齢臭を予防する玉ねぎの力

40代から50代になると加齢臭が気になりませんか。
たばこを吸っている人や肥満気味の人はもっと早く30代から臭う人もいます。

加齢臭は男性だけの問題ではなく、女性であっても加齢臭が絶対に発生しないというものではありません。
ですが特に男性は加齢臭予防を早め早めに始めておかないと、臭くて誰も近寄ってくれないなんてことにもなりかねません。

では加齢臭が発生しないようにするにはどうすれば良いでしょうか、具体的には食生活に気を付けることです。
一般的には男性は女性よりも皮脂の分泌量が多いのですが、脂肪分の多い食べ物ばかり食べていると皮脂の分泌量はさらに増え、加齢臭が発生しやすくなります。

これは分泌された皮脂が酸化することで独特な臭いを発生するからです。
男性は脂っこい食事を好む方が多いですが、少しでも脂っこい食事の回数を減らし、体内に蓄積している脂肪の量を減らすことが加齢臭のリスクを減らすことにつながります。

さらに脂肪の代謝を促すため、抗酸化作用のある野菜や果物を食べるように意識するとさらに効果的です。
抗酸化作用とは脂肪分の酸化を抑える作用をいい、ビタミンCをはじめとし、ビタミンAやビタミンEといった栄養素が入っている食べ物を食べるようにすると良いといわれています。

さらに脂質そのものを減らす働きをもっているのがビタミンB6といわれますから、ビタミンB6の摂取も心がけると良いでしょう。
なおこれらの栄養素をバランスよく含んでいる食べ物の一つが玉ねぎです。

玉ねぎにはこれらのビタミン類を元々含んでいますし、さらにビタミンCやビタミンEの働きを活性化させるパンテトン酸も含んでいます。
他にも玉ねぎにはアリシンという物質も含まれていますが、これらの栄養素のほとんどは熱に弱いという特性をもっています。

ですから玉ねぎは生のまま、特にすりおろして食べるようにすると、栄養素を壊すことなく摂取できるのでおすすめです。
玉ねぎは血液をサラサラにすることで有名な食べ物ですが、加齢臭予防にも効果が期待できます。

加齢臭がしていても周りの人は中々指摘してくれるものではありません。
ですから自分で臭いが発生しないように注意したいものです。

>>玉ねぎサプリメントで臭い対策はこちら


関連記事