トップページ > 飴色玉ねぎの作り方

飴色玉ねぎの作り方

飴色玉ねぎはカレーやハンバーグなど料理に甘味や旨みを加えたい場合に重宝します。
でも飴色玉ねぎは非常に作るのが大変で、時間も手間もかかります。

玉ねぎを炒め続ければ飴色になりますが、数十分も炒め続けるのは結構大変です。
長時間炒める理由は玉ねぎの水分を飛ばすためなのですが、弱火で炒め続けなければなりませんし、下手をすると1時間近くかかってしまいます。

それに目を離すとつい焦がしてしまう、面倒臭くなって途中でやめてしまう、そんな経験はないでしょうか。
ネットや本でも紹介されていますが、飴色玉ねぎを簡単に作る方法、炒める時間を短くする方法が紹介されていますね。

長時間玉ねぎを炒めるのが面倒という方は是非試して欲しいのですが、飴色玉ねぎを簡単に作る方法、それは玉ねぎを冷凍する、あるいは電子レンジで始めに温めておくという方法です。
両方とも確かに時短で飴色玉ねぎが作れますが、時短効果が高いのは冷凍するという方法だったので、こちらを紹介したいと思います。

まず玉ねぎをスライス、あるいはみじん切りにしてジップロックなどに入れて、冷凍しておきます。
冷凍しておくと日持ちするし、必要な量に合わせて分けておくと料理が非常に簡単になります。

冷凍した玉ねぎは必要な分だけ冷凍庫から取り出し、フライパンで炒めます。
生の玉ねぎを飴色にするときは弱火が鉄則でしたが、冷凍玉ねぎなら中火から強火で一気に過熱しても飴色になります。

玉ねぎを一旦冷凍しておくと、水分がどんどん出ていきますので、油をひかなくても焦げる心配はありません。
さらに硫化アリルなどの辛味成分も揮発しやすいので、早く飴色玉ねぎが出来るというわけです。

おそらく生のまま炒めるより半分以下の時間で飴色玉ねぎが出来るはずです。
ただ凍らせる時間が待てないという方は電子レンジで加熱するという方法も試してみると良いかもしれませんね。

玉ねぎサプリメント